忍者ブログ
 
のんびり、いこう。

*chu*です
ジャカルタからスラバヤへ。インドネシアでのんびり暮らしてます。どうぞよろしく☆

≪ 前の記事次の記事 ≫

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

▲TOP

路上で・・・

路上の物売りはいろんなものを売ってるとは思っていたけど
昨日、マンガドゥアの交差点で渋滞中にみたのものは



スローロリス・・・
slowloris




←こういうの






(写真:とべ動物園のハリーちゃん)

よく道端でお猿さんに服を着せて小道具を持たせた猿回しがいるけど、、、
(↑これもかわいそうですが)
妙ににやけた笑顔のおじさんが、スローロリスを腕にからませ、売り物として1台1台車の窓に近づけたりしてまわっている。


あ、あかんやろ


あんな交通量の多い汚い空気のしかも真昼間の炎天下(スローロリスは夜行性)
大体スローロリスって国際取引禁止されてる絶滅危惧種だよね?
保護されなきゃいけない動物なのに。

インドネシアは珍しい生き物がいっぱい。
いろんな動物が闇取引されているらしく、そういったマーケットもあるとか。


窓を開けてスローロリスに手をのばしてた人がいた。
のんびりした動きと大きな目のお猿には見えない姿は確かにかわいいけど、買っちゃだめだッ


------------------------------------------------*-
野生生物保全論研究会(JWCS)
インドネシアでのスローロリス売買が監視下に
違法売買に苦しむインドネシアのスローロリス

Comment (2) | ▲TOP

Comment

  • メールアドレスは入力しても管理画面でしか表示されません。
  • コメント投稿時にパスワードを設定していた場合のみ、名前をクリックすると編集出来ます。

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
則さん  2009.03.31 Tuesday
貴子ちゃんも色々考えることが多いですね。
発展途上国はどこも似たりよったりでしょうね。
どのように生きるかでなく生きること自体に一生懸命にならざるを得ないのですね。
公徳心や規範意識や法治国家という観念がまだまだ希薄で微妙なバランスで社会や国家が形成されているのです。警察などの公務員が当たり前のように賄賂を受け取ったり、あなたのレポートのような違法行為が堂々と見過ごされている社会だから、何かがあると一気に社会がひっくり返る危険を常にはらんでいますよね。従って、軍を掌握していない政権は極めて脆弱な国家になってしまうのでしょう。国の形を維持することと、国民の生活を向上させることを同時に進めることができればいいのですが、どうしても国民生活のインフラは後回しになってしまっていますね。建築基準法などの法律に縛られない社会があることは恐ろしいことですが、いつか必ず通る道だと思うのです。
chu URL 2009.03.31 Tuesday
> 則さん
本当にそのとおりです。
これが成長過程だとすると、この巨大な国はいつになったら成熟をはじめるのかな、、、
まだまだびっくりすることや理解しがたいものが多いです。
私たちから見たら矛盾だらけ、おかしなことだらけなところですが、反面、こんなにたくさんの島が大きな国として形だけでもよくもまとまっていられると感心さえします。

少しずついろんなところで意識をかえようという声があがっているようで、ここでもだんだん成長しているんだなと思います。
でもまだまだその声が届かない影の部分が多いんですが(>_<)
« 2017年04月 »
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
Tweets
NewComment
☆bebe☆
Mail
お気軽にどうぞ♪
Counter
Barcode