忍者ブログ
 
のんびり、いこう。

*chu*です
ジャカルタからスラバヤへ。インドネシアでのんびり暮らしてます。どうぞよろしく☆

≪ 前の記事次の記事 ≫

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

▲TOP

忘れないということ

実は東日本大震災以来、あまり眠れなくなってしまった。
不眠・・・?寝ても悪夢にうなされることもあったり、とくに最初の1週間はこの上ない脱力感。
海外にいるくせに?被災してもいないのに?と思われるかもしれません。
日本人は多かれ少なかれ今回のことにショックを受けていると思う。
ハイチの地震、スマトラ沖地震と津波、ジョグジャの地震、中国の地震・・・大地震は世界中で起こっていて、その度に悲しく辛い。でも、日本が・・・というのはやはり特別強く思うのは、日本が故郷だから。

テレビでもインターネットでもどうしてもその情報を求めてしまうし、唯一の日本のテレビはNHKで1日中ずっと地震と津波に関するニュース、自分もそれを注視するので繰り返し繰り返し見る映像が頭から離れなかったり、不安を覚えたりして、時間が経つにつれて被害の状況が明らかになり、写真なども公開され、ショックはさらに増すばかり。
そして実際に日本で体感していないせいか悪い方へ想像と不安が膨らむばかり。
そして、日本ではたぶん規制がかかっていて見ることのない映像も海外メディアから入ります。


でも、それは現実。
信じられない光景が現実。


そうなると、ではここにある今までとかわりない生活が現実でないような気さえしてくることも。


昼間はアイルがいるから、いつもと同じようにしている私。
でも、アイルが昼寝してる間とか、夜寝かせたあとになると震災のことを考えてしまう。


小さな子どもがどんな思いでいるのかと思うと、
お子さんを亡くしたお母さんのことを思うと、
目の前で家族や友人を亡くした人のことを思うと、
家族を残して亡くなった方の無念を思うと、
計り知れない悲しみに胸が苦しくなり、
また同時にもしもここで起こったら、、、とも考えてしまう。


ニュースで、支援物資が届くようになったとか道路が開通したとか
前向きな内容を聞いてもこれからどれほどこの困難が続くのか
想像することも最後まで及ばなくて、それがなおさら申し訳なく情けなくなる。


どかんと頭突きされたあとの鋭い痛みは少しは鈍くなったとしても、どんどん重くなり
義援金を送っても、チャリティーバザーに寄付しても、どんなにニュースを見てもずきずきと疼く。
自分ができることがなさすぎる・・・
私は日本人で、日本でこんなことが起こってこんな大変な目にあっている人がこんなにいるのに。



少し前に、旦那に打ち明けてみた。
ずっと喉の奥まで何かがこみ上げてくるような感覚で苦しくて、それを言葉にして吐き出せたことで少し楽になれた。


そして昨日、桜が開花したニュースを見た。
去年の今ごろは、まだアイルはお腹の中で日本でお花見したんだよね。
もう1年も経ったんだ。。。



と思ったら、私が立ち止まってたらいけないんだと気がつきました。



被災しなかった私たちはこのまま普通の生活を続けるのだろう。
でも、日本で起きたこのことを忘れないということが大切なんだと思う。
3月11日の震災は忘れないし、これから長期にわたるであろう復興支援に自分のできることをしていきたいと思う。
亡くなった方は戻らないけれど、それでも
こどもたちが、元気に学校へ行けるように
おばあちゃんやおじいちゃんが、笑顔で井戸端会議ができるように
おとうさんがお仕事をがんばれるように
おかあさんが笑顔で台所にたてるように
そういう、普通の生活が戻りますように。
心から、一日も早い復興を願います。



NYTimesより。
震災前と震災後の衛星写真 (写真の真ん中にある青いタブを左右にドラッグしてみてください)

NYTimesの写真

JKTS  被災地へ医療チームとして行かれた看護師さんの記録


※ブログは一時お休みしようかと思いましたが、これも私のライフワークだと思いこのまま続けることにします。

Comment (8) | ▲TOP

Comment

  • メールアドレスは入力しても管理画面でしか表示されません。
  • コメント投稿時にパスワードを設定していた場合のみ、名前をクリックすると編集出来ます。

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
catalina  2011.03.30 Wednesday
お気持ち、よく分かります。自分は被災していないし、海外にいて何の不便も感じていないのに… 心がついていかないのです。。

海外にいて何もできない自分。日本がこんな大変な時期に同じ日本人として、寄り添うことも、手伝うこともできない… 場所が離れててもできることもあると思いますが、なんか自分のやるせなさを感じてしまいます。

でも私がここで悲しんでいてもしょうがないことは分かっています。でももう少し時間が必要だなと思う今日この頃です。

こちらのサイトすでに読まれましたか?宜しければ…とても衝撃的ですが読んで良かったと思う内容でした。http://blog.goo.ne.jp/flower-wing

最後に!アイルくんのためにも明るいママでいて下さいね♪
ぎゃるっち URL 2011.03.30 Wednesday
chuさん!ここでこうして書き込んで、少しは気持ちスッキリしましたか?…私は夜は昼間の疲れでグッスリ眠れているので、chuさんの不眠の辛さが共感出来ないのが申し訳ないのですが…。でもでも、分かるなぁ!
私、札幌の友達に先日こう言うメールを送りました。
>~>(海外に居ることで)私はたまたま日本に居なかったってだけで、なんか辛い思いをまんまとしないでいられただけ…って感じがしてるよ。だって同じ日本人だし、家族や親戚は皆日本に居るんだから、なんか罪悪感感じてしまってます。~
このメールに対し、友達からは
>ぎゃる[私のこと]の気持ち、ありがたいです。でも、そこまで、責める事は無いです。
って返事をくれました。
…多分、chuさんや私のように、あの地震以降、海外に居る日本人は皆、ほぼ同じ気持ちで過ごしていると思います。でも責められることもなければ責める理由も何もないものね…。申し訳ない気持ちはどうしても感じてしまうけど、こればっかりは本当に仕方ないよね。
皆、夫々に気持ちは一つ。『頑張れニッポン』だと思います。全てが元に戻れる訳じゃないのは仕方ないけど、少しでも元に近付けて、更に良いように成れるように…長い時間を必要とする行程です。chuさんの言われるように、時間が経っても今の気持ちを忘れず、何かの形でお役に立てるよう、関わって行きたいと思ってます。今、スグ!じゃなくたっていいんだから!
chu URL 2011.04.05 Tuesday
お返事おそくなりました。
catalinaさんこそ、ご親戚もいらっしゃってとても心配されていらっしゃるでしょう。

そうですね、みんな時間が必要だと思います。
でも必ずみんな元気になる日がくると思って一歩ずつ前に進むしかないんですよね。

catalinaさんもお腹の赤ちゃんも大切なときですし、どうかお体ご自愛くださいね。
母は強くなくちゃですね~。
chu URL 2011.04.05 Tuesday
お返事おそくなりました。
ちょっと気持ちも落ち着けたのか疲れているせいか寝られるようになって来ました。
最近は変な夢も見ないし(^_^;)

そう、なんというかやっぱり罪悪感もあります。
あとは、話が飛びますが自分の身に同じことが起こった場合日本の家族にどれほどの心配をかけてしまうのかとか・・・そんなことまで考えたりして。

頑張れニッポン、気持ちは一緒に頑張ろう、です。
則さん  2011.04.13 Wednesday
今度の土日は岡田の春祭りです。今日も知多市はおだやかな暖かな静かな一日でした。
日本は今、毎日が黙祷ではじまる日常が続いています。2000余年の歴史ではじめての最大の試練に立たされています。
僕も、釜石の親戚が被災しました。友人夫婦が津波の犠牲になりました。いてもたってもいられず釜石に向かいましたが、埼玉県の浦和から北上することが叶いませんでした。今は、東北の子供たちの笑顔を取り戻すためのボランティア活動「希望プロジェクト」で活動しています。
貴子ちゃんはアイルちゃんの成長にいっぱい力を注いでいることと思います。今回は
「絆」という言葉が何の抵抗もなく大切なものとして考えています。
人が生きていく限り大切にしなければと考えています。前を向いて少しづつ、ひとつづつ。
chu URL 2011.04.17 Sunday
ご無沙汰しています。
ご親戚の方・ご友人の方にお見舞い申し上げます。
実際に被災して現地にいなければわかりえないことが多々あると思います。
でも人が人を思いやり、寄り添うということの大切さをこれまで以上に強く感じました。
これから10年も15年もかかるだろうという長い長い道のりですが、未来を担う子どもたちが健全に成長できるための支援は一番大切な復興支援のひとつですね。
ここから直接関わることができませんが、則さんのご活躍を応援しています。
また「希望プロジェクト」でのお話、ぜひ聞かせてください。
よっしー  2012.06.28 Thursday
日本は既に全国が汚染されてしまっているどこに行っても危険だ。公表されている放射能数値は、大体1/4担っている。たった一週間でも被爆して、甲状腺腫になった人がいる。考えられるが義理の防御をしていた人だ。当然放射能をさけていたのに。せっかく、スラバヤにいられるのだから、一生いることをかんがえては?日本のものも危険だ!近づいては逝けない内部被爆が待っている。食べてもいけない!人間が放射能を持って歩いている。日本人に会うのも危険だ。今の本当のことを知っておかないと危険がすぐにやってくる。バンコックにいた日本人は、去年11月頃こちらの洪水に際して全員が帰国させられた。費用は、会社持ちだった。子供と奥さんだ。そして全員が被爆した。国の企業への命令だったそうだ。こんなことを平気でやるのが日本政府だ。これからいろいろな被爆症状が出ることになるだろうし、もうでているかもしれない。気をつけて日本に近ずくな。放射能は、容赦ない。特に子供は10倍以上影響が出やすい。日本は消えたのだ。
よっしー  2012.06.28 Thursday
日本は既に全国が汚染されてしまっているどこに行っても危険だ。公表されている放射能数値は、大体1/4担っている。たった一週間でも被爆して、甲状腺腫になった人がいる。考えられるが義理の防御をしていた人だ。当然放射能をさけていたのに。せっかく、スラバヤにいられるのだから、一生いることをかんがえては?日本のものも危険だ!近づいてはいけない内部被爆が待っている。食べてもいけない!人間が放射能を持って歩いている。日本人に会うのも危険だ。今の本当のことを知っておかないと危険がすぐにやってくる。バンコックにいた日本人は、去年11月頃こちらの洪水に際して全員が帰国させられた。費用は、会社持ちだった。子供と奥さんだ。そして全員が被爆した。国の企業への命令だったそうだ。こんなことを平気でやるのが日本政府だ。これからいろいろな被爆症状が出ることになるだろうし、もうでているかもしれない。気をつけて日本に近ずくな。放射能は、容赦ない。特に子供は10倍以上影響が出やすい。日本は消えたのだ。
« 2017年04月 »
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
Tweets
NewComment
☆bebe☆
Mail
お気軽にどうぞ♪
Counter
Barcode