忍者ブログ
 
のんびり、いこう。

*chu*です
ジャカルタからスラバヤへ。インドネシアでのんびり暮らしてます。どうぞよろしく☆

≪ 前の記事次の記事 ≫

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

▲TOP

ベモ

大通りではみないけど、一部のエリアではまだ見られるべモ。
ミゼットみたいでかわいいでしょ。てゆーか、ダイハツ ミゼットです。

べモ

Bajajもかわいいのだけど、べモのこのお面。
年季の入ったその様子もどことなくかわいくて
何人かで乗れるミニミニ乗り合いバスです。

べモ

今はもう生産されていないようで、新たにカンチルというのが走ってます。
まだ写真がないんだけど…ベンツのスマートフォーツーみたいな形。

べモは、修理に修理を重ねて走っているので、壊れちゃったらもうお終い…
そのうち見れなくなると思うと、なんだかせつないなーー
旧型Bajajだって、あのお尻をつんとあげたような格好で走ってくのがかわいかったんだけどな。
どちらも排気ガスがすごかったし、だんだん時代が流れていくんですね~。
ジャカルタは、私の親世代にとってまだまだ懐かしいものがいっぱいだよ

Comment (2) | ▲TOP

Comment

  • メールアドレスは入力しても管理画面でしか表示されません。
  • コメント投稿時にパスワードを設定していた場合のみ、名前をクリックすると編集出来ます。

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
則さん  2009.02.06 Friday
毎日あくせくと厳しい企業社会で命を削っている人間達にとっては、のどかな風景であり、何だか救われるような気がします。日本では今、人々の心が痛んで風土病の如く心を病んでいます。文明とはそんなリスクを人間に与えたのか、人間は更に強く対応していかなければならないのか。ギラギラとしないで、疑心暗鬼にならないで、もっと肩の力を抜いておだやかに生きることが出来ないのでしょうか。
何だか、貴子ちゃんがうらやましくなります。時々はあの頃に戻って見たいと思うことがありますが、貴子ちゃんはそんなことを実現した人なのかもしれないぞ。
先週末に会社の重要な取引先が倒産してしまいました。みんな一生懸命になって働いても資本主義の世界ですから結果は冷酷非情です。
何故に人間は、これほどまでに休みなく闘い、悩み
、苦しみ、自らを痛め続けながら生きるのでしょうか。でも、そんな世界からは決して逃げ出せないのですよね。
何だか、貴子ちゃんのレポートを見ると救われる想いです。
chu  2009.02.06 Friday
こちらで目にする様々な風景に、和むとともにとても元気付けられます。
まだまだやれることもいっぱいあるんだな、と気づかされることも。
とにかくたくましいです。
しかもそれをあたりまえとしているところがすごい。
なぜこんなにやってるのに、と悲観的になるよりも、いつかの何かを信じるように邁進している感じ。
ある人が、「家族も健康で食べていけることに感謝」だと言いました。
そんなあたりまえだと思われがちなことが一番大切なんでしょうね。
人それぞれ苦しみも闘いも違いますが、どこかに幸せだと思えるものを持てると強くなれるかな…

そんな一方で、ジャカルタは急成長が続き背伸びをしすてぎてる部分もたくさん見られます。
夢と現実が混沌としています。
« 2017年08月 »
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Tweets
NewComment
☆bebe☆
Mail
お気軽にどうぞ♪
Counter
Barcode