忍者ブログ
 
のんびり、いこう。

*chu*です
ジャカルタからスラバヤへ。インドネシアでのんびり暮らしてます。どうぞよろしく☆

≪ 前の記事次の記事 ≫

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

▲TOP

チレボン5 チレボン散策

チレボンはほんとに小さな町。  チレボンについて
1日目、お昼頃到着してから町をまわったけど、半日で見所は全部まわれちゃうの。
とりあえず、お友達にもらった地図と情報だけで動く。

ホテル→潮覚寺→カスプパン王宮→カノマン王宮→Bank Indonesia
すべてベチャでまわれました

潮覚寺
赤と黄色が鮮やかなチレボンで一番古い中国寺院。
本堂の中央には観音菩薩像。
参拝する順番が書いてあり、けっこう奥まで続いている。
ご詠歌みたいな歌が流れ、お線香の香りが漂い、妙に落ち着く・・・

宗派は違うといえ般若心経は仏教共通のお経なのでちゃんと来訪者用教本があり、懐かしいな~と思うあたりやっぱり私は寺の娘だったんだわ、と思うのね。
旦那は本堂の両壁一面にある中国の絵と、柱に興味津々。
潮覚寺




カノマン王宮、カスプパン王宮
ジョグジャの王宮と比べるとずっと規模も小さいけど、どちらの王宮にも、壁や建物にオランダや中国の古い陶器のタイルやお皿が埋め込まれていてかわいい。

ちょうど私たちが行ったときは、年に一度のお祭りで王宮内外ともにすごい露天商の数と人でごったがえしており、ゆっくり見ることも出来ず
その人と物とゴミの多さにさっさと後にしてしまった。

チレボンの王宮
チレボン王家はその昔、3つに分裂してしまったそうで、今回行ったのは1677年にできたカノマン王家、1769年にできたカスプパン王家の王宮。

ここで、不思議な人達に出会った。
王宮の庭のあちこちで手相?を見る占い師みたいな人とそれに群がる人達。
でもその服装からムスリムだとわかる。
占いとか、偶像崇拝とかご法度なイスラムが、ここでは古くからの文化とずいぶん深く混ざり合っているんだな、と思った。
そして、王宮の奥や宝物殿のパクシ・ナガ・リマン、クレタ・シンガ・バロンという王様の乗り物の下に座り込む人。
ここチレボンでも王家は絶対的象徴だったので、今でもそのパワーを分けてもらえると信じてそうする人がいるそうだ。
他にも、チレボン王宮はイスラム教でカラーも薄いグリーンのイスラム色。
なのに王宮にはオランダからもらったといわれるキリストのお話が描かれたタイルが貼られていた。

まわりの王国の覇権争いに巻き込まれたり、オランダ領になったり・・・中国、オランダ、古くからの文化が混ざり合いその複雑な歴史をもの語っている。

Comment (0) | ▲TOP

Comment

  • メールアドレスは入力しても管理画面でしか表示されません。
  • コメント投稿時にパスワードを設定していた場合のみ、名前をクリックすると編集出来ます。

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
« 2017年04月 »
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
Tweets
NewComment
☆bebe☆
Mail
お気軽にどうぞ♪
Counter
Barcode