忍者ブログ
 
のんびり、いこう。

*chu*です
ジャカルタからスラバヤへ。インドネシアでのんびり暮らしてます。どうぞよろしく☆

≪ 前の記事次の記事 ≫

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

▲TOP

チレボン2 ホテル

今回のチレボンは観光&バティックの工房見学の旅。
チレボンとバティックについて

ずっとずっと行きたかったけど、なかなか時間がとれずにいたところ、先日のバティック体験に旦那がハマり、一気に旅行実行となった。

連休ということもあり、直前予約だったのでお目当てのホテルの何件かはすでに満室。
私たちが泊まったのはこちら。

Bentani Hotel
http://www.bentani-hotel.com/ Rp.500.000++~ (ディスカウント有)

ベンタニ ホテル

泊まったお部屋(写真右上)はスーペリア。お部屋は広くてなかなか清潔で快適。
バスタブもあって、お湯もたっぷり超勢いよく出ます。水もきれい

ロビーや中庭のプールへ抜ける廊下には水が流れ、ホテル内のあちこちにあるバティック絵画もチレボンの伝統模様や日常風景などが描かれていてこれもまた見物。
ここのオーナーのメインビジネスはラタン(チレボンはラタンが有名)だそうで、お洒落なデザインのラタン家具がお部屋やホテル内にたくさんあるのも

うれしいのは、チレボン中心部の送迎サービス。
駅までの送迎だけでなく、車が空いていればどこへでも乗せて行ってくれるしお迎えも来てくれる。
(ドライバーがいなくてもベルボーイやセキュリティーの人が運転してくれる)
チレボンにはベチャがたくさんいるので足には困らないけど、雨が降ったときや場所がよくわからないときなんかは本当に助かった

ホテルのスタッフもちょうどいい距離を保っていて親切で気持ちがいい。

そんなに大きくないホテルだけどレストランがいくつもあり、中には日本食レストラン(コーナーというか…)も有。
ロビーかららせん階段をあがったところにあるバーは、照明や音響が整ったライブバーで、雰囲気はかなりいいのだけど日曜に利用したせいかお客ゼロでライブもなく寂しかった…
平日はお客もいるのかもしれないけど、ジャカルタの人にとってはめずらしくないバーだし、チレボンの人にとってみればまだお洒落すぎる場所なのかもしれない。

そのくらい、チレボンは田舎だと(いい意味で!)思う。
このホテルのバーも、街中に数件あるちょっとこじゃれたカフェやネットカフェなどもガラガラで、まだチレボンには早すぎるのではないかしらと感じた。
だって、子どもたちは外で遊べる環境があるからゲームやネットに没頭する必要もなく、いくらジャカルタの半値以下でカフェでお茶できるといっても道に並ぶワルンやカキリマのほうがずっと安いしおいしいものもあるし。

とにかくジャカルタの喧騒と渋滞から解き放たれていい気持ち
チレボンに降り立った瞬間からずーーーっとワクワクしっぱなしだった

Comment (0) | ▲TOP

Comment

  • メールアドレスは入力しても管理画面でしか表示されません。
  • コメント投稿時にパスワードを設定していた場合のみ、名前をクリックすると編集出来ます。

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
« 2017年08月 »
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Tweets
NewComment
☆bebe☆
Mail
お気軽にどうぞ♪
Counter
Barcode