忍者ブログ
 
のんびり、いこう。

*chu*です
ジャカルタからスラバヤへ。インドネシアでのんびり暮らしてます。どうぞよろしく☆

≪ 前の記事次の記事 ≫

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

▲TOP

チレボン3 チレボンの町並み

チレボンは北海岸沿いの港町。日差しも強くてジャカルタよりずっと暑い。
チレボンとバティックについて

ここにはかつて王国があり、今もまだクラトン(王宮)が残る。
オランダ統治時代、華僑、インドネシアとその複雑な歴史から宗教と文化が入り混じって独特の雰囲気をかもし出している。

高いビルもなく、こじんまりとした町。
町のそこここに、古いオランダ時代や中国様式の建物が見られ、屋根や窓にその特徴があらわれている。
そういったものを探すのも、この町での楽しみかもしれない。

チレボンの町並み

(写真右上) Bank Indonesia Cirebon となりに新しく建て増しされているが、この建物はかつての500Rp札のモデルとなった建物だそうだ。
(写真左下) Alun-alun(広場)にある大きなモスク。屋根の形がモスクらしくなくてかわっている。
(写真右下) チレボン中心部から外れたトゥルスミ地区にあるパサールの倉庫屋根。中国様式を残している。


とくにトゥルスミ地区で感じたのは、家やお店のドアが一面木のドアであること。
色合いも淡いブルーやクリーム色で、その雰囲気はなんとなくオランダを感じさせる。
かと思えば大きな家のつくりは中国のような中庭を囲むロの字型だったり。

大通りから中に入ると、そこはアスファルトではなく砂地の道。
自動車が走ると砂埃をたててしまうけど、多くは馬車や自転車・バイク、ベチャが走る。
朝はおばさんたちが軒の下にお菓子や食べ物を並べ、ミニマーケットとなる。
心地良い空気が流れるところだ


↓チレボン中心部にあるパサール路上。
チレボンの町並み

Comment (0) | ▲TOP

Comment

  • メールアドレスは入力しても管理画面でしか表示されません。
  • コメント投稿時にパスワードを設定していた場合のみ、名前をクリックすると編集出来ます。

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
« 2017年08月 »
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Tweets
NewComment
☆bebe☆
Mail
お気軽にどうぞ♪
Counter
Barcode