忍者ブログ
 
のんびり、いこう。

*chu*です
ジャカルタからスラバヤへ。インドネシアでのんびり暮らしてます。どうぞよろしく☆

≪ 前の記事次の記事 ≫

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

▲TOP

Wedding その4 結婚式当日

結婚式本番です。
この日もだんなさまは衣装を着た姿を絶対にみんなに見せないぞ!(みんな=従業員)と言って、わざわざ少し離れたホテルに泊まりにいったのでした… 往生際の悪いこと…

結婚式は当初、私たち2人とお父さん+証人だけの予定だったんですが、結局ごくごく近い親戚といろんな手続きから準備まで手伝ってくれた旦那さんの秘書のAdeちゃん、会社のIbu Faniだけ招待。披露宴はまだする予定がないので、お式のあとに仲の良い友人も交えてランチですませました。

結婚式 クバヤ朝6時半から、またIbu Lailaがやってきてヘアメイク。
この日は、お式のあとですぐに着替えてランチだったので、メイクは自分でしました。

結婚式は、白のクバヤ。
もっと派手なのを薦められたけど、いやいや、これくらいで十分です。。。
頭につけるかんざしや、ジャスミンの花が少ない!とIbu Lelaに言われたけど丁重にお断り。。。
シンプルがイイ(顔がシンプルだから)

で、残ったジャスミンの束はIbu Faniが付けてましたよ










結婚式は近くのモスク。
お話を聞いて、彼が誓いのことばを言って、二人で誓いの言葉を言って…指輪交換。
最後にお父さんにあいさつして終了。とってもシンプルです。
結婚式

終わると、↓のBUKU NIKAHという結婚証明書になる冊子をそれぞれもらいます。
結婚式

BUKU NIKAH
これがないと日本の婚姻届も出せないの。

Comment (4) | ▲TOP

Wedding その3

厚化粧で顔がすでに実物と違っているので写真載せてしまいます

こちらの伝統的な衣装というと、「クバヤ」
着物のように、訪問着のようなものからパーティー用、結婚式用など多種多様。
ちなみにこちらは結婚披露宴用です。

細密な刺繍、ビーズはすべて手刺繍。
飾りのお花は香りの良いジャスミンの蕾をひとつひとつつなぎ合わせたもの。
↓写真でわかるかな・・・
pre wed01

とても手の込んだものです。
これをボディーラインに合わせてフィットするように直してもらうんだけど、コルセットがとにかく苦しい…
座れったって無理です~~

pre wed

これでも髪型・化粧ともにとても地味だそうで。
本当はかんざしみたいなのをもっとガシガシとつけて、お花ももっとたくさんなんだって。

だんなさまはこの衣装を着るのをすごく嫌がってて、人に絶対みられたくない!!と言って撮影前日からちょっと離れたところにあるホテルに泊まりに行ったのでした…。(朝衣装を着て外に出るのが嫌だから)
pre wed3

たしかに…ちょっとベルボーイみたいだよね

pre wed4
 

Comment (4) | ▲TOP

Wedding その2

撮影場所は、コタという地区で昔のオランダ時代の建物が残るエリア。
廃墟になった建物があちこちにあって、週末は一眼レフを持って写真を撮りにきている人達や、私たちのように記念写真の撮影場所にしている人達がいっぱい。
そしてモデルさんじゃなくて記念撮影してる普通の人達もモデル張りにポーズと顔をキメている、なんだか独特の雰囲気でした。

さて…
私はというと、ドレスで廃墟を徘徊し 暑さと苦しさでどうにかなってしまいそうでした。
カメラマンがポーズとって、あっち見て、こっち見て…と指示を出してくれるんだけど、普通の写真でいいんだよ~~



結局、朝から午後3時までかかってしまいました。
帰り間際にはスコールが降って、いつものバンジール(洪水)で大渋滞…
30分の道のりを2時間半かけて帰りました。

↓こんなんでお恥ずかしい でも一生に一回だもんねぇ
prewd04.jpg

うしろのスカートを取ってシンプルに変わるドレス
prewd03.jpg

頭についてるのと、腕にかけているのはジャスミンの蕾をつなげて編んであるの。
prewd02.jpg

Comment (4) | ▲TOP

« 2017年08月 »
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Tweets
NewComment
☆bebe☆
Mail
お気軽にどうぞ♪
Counter
Barcode