忍者ブログ
 
のんびり、いこう。

*chu*です
ジャカルタからスラバヤへ。インドネシアでのんびり暮らしてます。どうぞよろしく☆

≪ 前の記事次の記事 ≫

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

▲TOP

インドネシアのお父さん

朝からお父さんに会いに行ってきた。
お父さんは今年で82歳。80歳になる妹(叔母さん)の家に住んでいるんだけど、この2人は性格は水と油のよう。。。
お父さんはしっかりものでちゃきちゃき世話焼き、叔母さんはのんびり屋で超マイペース。

この日は近所に住むお父さんの一番下の弟になる叔父さん夫婦と、隣に住む彼の従兄弟たちも集まっていた。

従兄弟の義理のお姉さんは、なんと40年も前に日本人と結婚して東京に住んでいる。
お父さんと叔母さんはまだ少し日本語を覚えている。
(お父さんたちは、若い頃日本軍が作った第●小学校(今の中学校)に通っていた)
そして40年以上前に出張で日本に何度か来ているお父さん。久しぶりに私が来るので、前回探していたすごく古い昔の京都のパンフレットをアルバムから出して見せてくれたり。
わたしのわかりやすい話題でリラックスさせてくれた。

お父さんの家は40分くらいのところだけど、いつでも待ってるからおいでと言ってくれた。
彼とけんかをしたときはすぐに来い、とも
日本からひとりで来ている私をとても気遣ってくれて、久しぶりの再開に時間が過ぎるのが早かったよ。

みんなが矢継ぎ早に自分の話したいこと、聞きたいことを言っているのでのんびり屋の叔母さんは自分の話を切り出すタイミングを見計らっていたみたいで・・・・・・


一瞬、しーんとなったときに突然、日本語で


モモタロウ


えっ・・・・・・


みんな叔母さんに釘付け


まわりのことは気にもせず、
むかしむかしおじーさんとおばーさん・・・・・・おばーさんは川へ・・・・・・

と、ここまで来たところでお父さんが「また始まったぞ!」と言って話しに割って入ったので叔母さんは続けられなくなりそのままのポーズで固まっていた。

みんなが他の話を始めると、間の人を飛び越えて私に「He is Oji-san.」 「I'm Oba-san.」と言ったかと思うと今度は「ピアノが聞きたいわね」と言ってピアノを指差して、彼に「Play for us!」と。
叔父さんが、ボケてるわけではないから安心して。マイペースなだけだから。。。とフォローしてくれるものの1年前よりずっとずっと話を飛ばしてくれるんですが。

でも、みんなまたか~とうんざりしているようだけど、いつも私の手を握ってゆっくりした口調でいろんな話をしてくれる叔母さんは大好き。
お父さんも、とてもとても気遣ってくれて、とてもやさしい。

お父さんや叔母さん、隣に住む従兄弟と会うのは2回目だったので気も楽だった。
お父さんの兄弟はみんな英語が話せるけど、はやくインドネシア語も覚えてうまくお付き合いしていけるといいな。

Comment (0) | ▲TOP

Comment

  • メールアドレスは入力しても管理画面でしか表示されません。
  • コメント投稿時にパスワードを設定していた場合のみ、名前をクリックすると編集出来ます。

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
« 2017年06月 »
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Tweets
NewComment
☆bebe☆
Mail
お気軽にどうぞ♪
Counter
Barcode