忍者ブログ
 
のんびり、いこう。

*chu*です
ジャカルタからスラバヤへ。インドネシアでのんびり暮らしてます。どうぞよろしく☆

≪ 前の記事次の記事 ≫

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

▲TOP

アンチョール

北ジャカルタにある「アンチョールドリームランド」に行ってきたよ。
中のバーには何度もいったことがあったけど、まわるのは初めて。

近くなので、わざわざ・・・というまでもないんだけど、旦那さまの現実逃避の為1泊。
結局仕事関係の人にも会って現実逃避の楽しみは半減したようだけど

ここでのお楽しみは週末の夜にけっこう盛り上がる「BackStage」というお店に行くこと。
オーナーが音楽関係なので、アマチュア~けっこう有名なアーティストのライブプログラムを組んでいて、週末はすごく広い店内も満席。
ほとんどの席が屋外で気持ちいい。
若い子たちが店の柵の外に集まってライブを楽しんでいる。(普通に外から見える)
そして旦那さまのお楽しみタイムでもある。
お友達がGM・M・AMと揃っていて他のお友達も客として週末になると集まってくる。
みんな学生時代の仲間のようで、すごく楽しそう。
ここに行けば必ず誰かに会えて、新たにつながるご縁もあって。という場所。
やっぱり気のおけない仲間との時間っていいよね。



さて、肝心のドリームランドはというと、、、
やたらと広大な敷地(552ha!)に遊園地、水族館、アートセンター、プール、ヨットハーバー、ゴルフ場などが集まった複合施設。
でも、ま・・・それぞれの規模も小さいしすごくめずらしいものがあるわけではない。
・・・日本の遊園地やテーマパークはすごいから比べちゃダメだ。
ただ、1967年オープンと思うとそれはそれですごいと思う。
とにかく広いしいろいろあるのでファミリーは1日遊べていいかも。
朝はウォーキングも気持ちいい。

水族館に行ってみた。
規模的には鳥羽水族館くらいの感じかな。
ピラニアの水槽があって、餌をやる時間になるとアナウンスが入り、どっと人が集まってカウントダウンして…ドワッと餌に群がるピラニアにみんながカメラを向けていた。
海ガメとか、エイや浜の魚が触れるコーナーとか、トンネルもあったよ。
小規模ながらもやっぱり水族館って癒し系…



泊まったのはメルキュールコンベンションセンター。
ホテル内にはスライダー付プール、各種スポーツコート、キッズプレイルームがあるのでけっこう子どもたちだけで自由に遊んでいる姿が見られた。
ホテル目の前の海は遊泳禁止。でもウィンドサーフィンをやってる人がいた。
(※大都会ジャカルタの海は、エメラルドグリーンじゃないですよ。知多の海と同じ色。)

メルキュールコンベンションセンター&アンチョールの水族館


アンチョール、実は埋立地なのでいろいろと問題が…。
40年以上昔に埋め立てられた土地だし、当時の技術にも問題もあったかもしれないし、それに水面上昇してるし・・・で、満潮の時間になると高潮&地下から水が染み出てきちゃって一部バンジール(洪水、浸水)が起こる。
このままほかっといたらいずれ海の底に戻りかねないのです。

Comment (2) | ▲TOP

Comment

  • メールアドレスは入力しても管理画面でしか表示されません。
  • コメント投稿時にパスワードを設定していた場合のみ、名前をクリックすると編集出来ます。

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
SAYAP  2009.02.12 Thursday
2050年には北ジャカルタの25%が海の底になるって言われてますよね。Ancol、Pantai
Indah Kapuk、Tanjung Priokはインドネシアの地図から消えてなくなるらしい。なので、Ancolの高級アパートとか、絶対買わない方がいいですよ。ってか、うちも十分危ない気がする。。。
chu  2009.02.12 Thursday
うわ~、そうなんだ。25%ってすごいですね(-_-;)
ドリームランドの横に超大きな豪邸が何軒も建ってたけど、みんな沈んでしまうのね…
« 2017年04月 »
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
Tweets
NewComment
☆bebe☆
Mail
お気軽にどうぞ♪
Counter
Barcode