忍者ブログ
 
のんびり、いこう。

*chu*です
ジャカルタからスラバヤへ。インドネシアでのんびり暮らしてます。どうぞよろしく☆

≪ 前の記事次の記事 ≫

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

▲TOP

チレボン9 型押しバティック工房

手描きのバティックはいわずもがなすばらしいのですが。
旦那が「チャップ(型押し)はな~」なんて言うもんだから、じゃあ見てみなさいよ!と。

型押しは手書きに比べてずっと量産できるけど、それだって簡単にできるものじゃない。
金属の型を押すときに左右上下ずれないように、裏表の柄をきちんと合わせて押すのだって熟練した職人技。

ちょうど覗いた工房で、男の人達がチャップバティックを作っていた。
手描きバティックが女性なのに対し、チャップは力のいる仕事なので、男の仕事。

おぅ、見ていきな
て感じで親分肌のおじさんが快く招き入れてくれた。
職人さんたちが黙々と、でもときどき冗談や私たちに説明をしてくれながら、バンバン蝋を置いていく。

チャップバティック

横においた、とけた蝋の缶にチャップをつけてブンッと振って余分な蝋を落とす。
そして布に押し付けるのだが、どこをどう測って置いているのかわからないくらい早い。
なのに、柄の境目はなく、しっかり一連の柄としてつながっている。
すごい

チャップバティックを少し軽く見ていたよ、と反省する旦那。
簡単じゃあないものね。


ベチャ兄さんが、トゥルスミにプリント生地の工場もあるという。
欲しいものではないけれど、せっかくなのでそちらも見に行くことに。
安物バティックを大量に扱う店にはけっこうバティック柄のプリント生地もある。
バティックのような味はないものの、安定して量産できるのがいいところ。
学校や会社の制服によく使われている。

今回見せてもらったのは、工場といってもほとんどが手作業のまさに工場制手工業の世界・・・
そのかわり、小ロットから注文できるらしい。

シルクスクリーン作りからプリント、縫製まで、白い生地から製品になるまでの一連を見せてくれた。
これはこれで貴重な体験だったし、とても興味深かった。
突然迷い込んだ(?)私たちに工場のすべてを見せてくれた奥さん、ありがとう。

スクリーンさえあれば、1日で2,000Mもできるんだって。
複雑な柄も、色もでて、バティック柄もかなり精巧に作られるものもあった。
プリント生地の工場

Comment (4) | ▲TOP

Comment

  • メールアドレスは入力しても管理画面でしか表示されません。
  • コメント投稿時にパスワードを設定していた場合のみ、名前をクリックすると編集出来ます。

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
小澤です  2009.03.20 Friday
こんにちは。
好きな物の製作工程を見学できるっていいですね。
工場好きの私にはたまらない風景です。
私は何気に型押しの規則正しい感じが好きです。
しかし、どの写真も太陽燦々で人がみんな元気そうですね(^^)素敵っ!
今日の晩御飯は「炊き込みご飯」にします。
では、また。


chu URL 2009.03.21 Saturday
> 小澤サマ
工場好きですか!
ジツは私もです(笑)←見学だけ
在職中はこれが一番の楽しみでしたわ

やまかよさんとD社にいったとき、キャップ&のびた君めがねをかけさせられたんだけど、やまかよさんったら・・・ぷぷぷ

思い出しちゃった☆
やまかよ  2009.03.22 Sunday
あの帽子にメガネ・・・今でも忘れない。あのメガネ、何か役にたってんのか??って感じがしたわ(笑)
chu URL 2009.03.23 Monday
> やまかよ
あのお姿、写真におさめたかった(爆)
またいつか行く機会があったら是非!!!写真撮ってよ。
癒し系のお守りになりそう
« 2017年08月 »
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Tweets
NewComment
☆bebe☆
Mail
お気軽にどうぞ♪
Counter
Barcode